お問い合わせ

 旭川市民劇場は1971年に設立し、旭川で良質の演劇を観賞し続けている会員制組織です。

前へ
次へ

INFORMATION

2017-5-15
【5月例会終了・前例会クリア!】
会員数1,433名(入会 43名 退会 40名 前例会比 +3)
運営サークルの皆さんお疲れ様でした。見事に前例会クリア達成です。
50字劇評集21号(見よ飛行機の高く飛べるを) を掲載しました。
また、2016年の市民劇場賞投票時の会員コメントをまとめた 「2016私の市民劇場賞」と、 2016年度の6例会を振り返る「2016私の劇評」を 掲載しました。それぞれ、劇評メニューの2016年度分のページからご覧ください。
2017年7月例会 青年劇場

『みすてられた島』

 アッチを向くかコッチを向くか…

 近未来のとある島。戦争が終わって、突然本土から独立を言い渡される。 島長(しまちょう)の児島大作は、あと半年で二期務めた島長の座を降りる心づもりでいた。 そんな時に起こった独立騒ぎ。
 「憲法ってどうやって作るんだ?」家族に聞いたところでわかるはずもない。 今後の対応を相談すべく自宅に島の有力者を集め、憲法づくりに着手するものの、なかなか話がまとまらない。 島民に告知すれば皆本土に行きたがるし、告知しなければ人権問題だ。
 島に軍隊は必要なのか?そもそもどこかよその国が攻めてくることなんてあるのか?
 家族と言えば、議論の中身には目もくれず、子供たちのことや隣人の世話を焼く妻、島を出たがっている 彼女のために一肌脱ごうと思っている役所勤めの息子、恋人のことで母親と折り合いの悪い娘・・・。
 やがて人々の権謀術数の矛先が、島長の家族に向けられて・・・。
 国と島と家族をめぐる近未来コメディー!!

作・演出:中津留章仁 
出演:葛西和雄、吉村直、藤木久美子、清原達之、広戸聡、湯本弘美、大木章、島本真治、松永亜規子、大山秋、大月ひろ美、岡山豊明
出演者は今後変更になることもあります。

7月13日(木) 夜 6時30分
7月14日(金) 昼 1時30分
上演時間 2時間50分(休憩15分)
会  場:旭川市公会堂

2017 Line-up

上演作品の紹介

2018 Line-up

次年度企画作品の紹介

ページのトップへ戻る