お問い合わせ

 旭川市民劇場は1971年に設立し、旭川で良質の演劇を観賞し続けている会員制組織です。

前へ
次へ

INFORMATION

2018-4-12
【4月例会終了】
会員数 1,399名(入会 20名 退会 30名 前例会比 -10 )
旭川では4度目の狂言(茂山千五郎家は9年ぶりの旭川公演)でした。 学習会を開催して狂言の奥深さ、楽しさを学び、最後まであきらめない運営を 続けてきました。
次例会の劇団NLTプロデュース『しあわせの雨傘 potiche~飾り壺~』は、 2014年の『OH!マイママ』に続く大人のフレンチコメディーです。 演劇の楽しさをより多くの方々と共有出来るように、皆さんの力を合わせて 例会日まで取り組んでいきましょう
50字劇評集27号『ら・ら・ら』を掲載しました。
2018年6月例会 劇団NLT

『しあわせの雨傘 Potiche~飾り壺~』

 大きな傘工場の経営者夫人シュザンヌは、夫から「家事も仕事もしなくて良い」と言われ“お飾りの妻”状態だった。子育ても終わり、優雅な日々を送るが退屈な日々を送っている。夫のロベールは仕事最優先、シュザンヌの事など見向きもしない。
 そんな時、独善的で典型的なブルジョア社長ロベールに反発する労働者が、「横暴な経営を改善しろ!」とストライキに入ってしまう。ロベールは、事態を収拾するどころか、悪化させ工場に軟禁状態になってしまう。 この窮地をシュザンヌは、若い頃に交流があり、今は市長となっているババンに相談する。ババンの協力を得てシュザンヌは組合との交渉に成功し、夫は軟禁から解放される。しかし、それもつかの間、夫は心臓発作を起こして倒れてしまう。夫に代わりシュザンヌが社長に就任するのだが・・・

作:ピエール・バリエ&ジャン=ピエール・グレディ
訳:佐藤康
演出:鵜山仁
出演:賀来千香子、井上純一、遠野なぎこ、広田礼美、後田真欧、永島敏行

6月19日(火) 夜 6時30分
6月20日(水) 昼 1時30分
上演時間:2時間35分(休憩15分)
会  場:旭川市公会堂

2018 Line-up

上演作品の紹介

2019 Line-up

次年度企画作品の紹介

ページのトップへ戻る